クリスマス恒例の「手作りケーキの実演と実食」です。

昨年から、クリスマスに合わせて手作りケーキの実演と実食イベントを行っています。今回作っていただいた方は、先月の「新そば祭り」でもお世話になりました、日清医療食品㈱の海藤さんです。「和」でも「洋」でも「中」でもOKで頼もしい方でい。

   

完成~!!! という事で皆で記念撮影です。この後、午後のおやつで召上がっていただきました。

甘い物には目が無い方々ばかりですので、大口開けて美味しそうに召し上がっておられました。😁

      

今回の「ケーキ作りの実演と実食イベント」で年内の行事は一通り終えましたが、年明けからは節分、ひな祭りの準備が始まります。今年は新型コロナの影響で、思うような行事が出来ませんでしたが、来年も何とかやり繰りして楽しんでいただきたいと考えています。

「行事委員会」

 

今年はゆず湯です。

12月21日の冬至から3日間、ゆず湯を楽しんでいただきました。

流石に一度にこれだけの数を入れてしまってはリフトに引っ掛かってしまいますので、調整しながら投入します。昨年は台風19号で被害を受けた農家の方を想い、りんご湯に入っていただきましたが今年はゆず湯に戻しました。

脱衣室から浴室内までゆずの香りに満たされ、皆さん喜ばれていました。

「入浴委員会」

 

 

コロナ禍の中のクリスマスイベント

12月21日 クリスマス会を行いました。当初、1階地域交流室へ集まって開催する予定でいましたが、近隣で新型コロナウイルスの陽性反応者が出た関係で、用心の為に一か所に集まることはやめ、節分・豆まきと同様に、スタッフが各ユニットへ出向いて行う形に急遽変更しました。

スタッフの弾くオルガンの伴奏で一緒に歌を唄ったり・・・。

時間の都合で施設長のギター漫談は取りやめましたが、「最近ギターを始めました!!」という若いスタッフと一緒にギターを弾いて、一緒に歌っていただいたり・・・。

「ちなみこの時季お約束のクリスマスイブを演奏しています ♫雨は夜更け過ぎに~ 」

幼少の頃、ピアノを習っていた方がもう一人スタッフの中に居ることが判ったので、今回はオルガンを2台並べてクリスマスソングメドレーを一緒に聞いていただいたり・・・。

若いスタッフによるギター演奏とオルガンの伴奏で、一緒に歌を唄っていただいたり・・・。限られた空間、限られた時間の中でやり繰りしてクリスマス会を行いました。

入居者様のお楽しみはクリスマスプレゼントですね・・・。居室担当のスタッフがそれぞれにプレゼントを用意してサンタクロースに渡していただきました。

急遽内容を変更し、スタッフもマスクを着用して開催することになってしまいましたが、皆さんに協力していただいて無事に、また安全に開催することが出来ました。感謝・感謝です。

最後は一緒に「ふるさと」を合唱して閉演といたしました・・・。という事を、楽器を運びながら3ユニットを回って3回繰り返しました。スタッフの皆さんお疲れさまでした。

🍩おまけ🍩

各ユニットでは、スタッフがクリスマスの飾りに工夫を凝らしています。そこで今年も「ユニット対抗クリスマス飾り総選挙」を行いました。投票の結果1位となったBユニットのスタッフに施設長から賞品が手渡されました。

💧こぼれ話💧

今回施設長が持ち込んだギターは12本の弦が張ってあるギターでした。モーリスB40という、40年近く前の古いギターだそうです。クリスマスソングに合う、キラキラした音を響かせていました。

「行事委員会」